トップページ | 2005年5月 »

決してウソをついているわけではないのです

靖国参拝自粛の「紳士協定」を否定 中曽根元首相

先日、中国の王毅駐日大使が1985年の中曽根氏の靖国神社公式参拝後、
日中間で首相らの参拝は自粛するとの「紳士協定」があったと発言し、
その真偽の程が取り沙汰されていました。

しかし今日になって、中曽根元首相本人が「そんな協定はない」と否定しました。

この一連の流れを読んで、「中国人は嘘つきやの~」と思ったあなたは正常です。

そう、正常なんですが・・・




実は間違っています。

なぜなら中国人は嘘を付かないからです。

その日その時喋った事が、全て真実であると考えるため嘘の付きようがないのです。

当然、今回の事で謝罪をするという事も無いでしょう。

中国人にとっては、謝罪=服従ですから^^

強いものには媚び諂う、弱いものにはつけあがる。

四千年間かけて作り上げてきたその民族性は、もう変わる事は無いでしょう。

中国と国交を結んでいると言う事が、最近不思議に思えてなりません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お薦め漫画:闇のイージス

私は休日前夜、決まってマンガ喫茶へ足を運ぶ。

その日、ある一つの漫画を完結まで読み終え、次に何を読み進めようかと
考えていたところ、その漫画と出会ってしまった。

その漫画の名は・・・




「闇のイージス」




「拳児」、「JESUS」を世に送り出してきたコンビが送る、ハードボイルドアクション。

前々から連載してると言うのは知っていたのだが、連載中に読み始めてしまうと
続きが激しく気になってしまうため敢えて手にとらないでいた。

言わば自分にとっての秘蔵漫画である。

しかし一度気になりだすと、他の漫画を読んでいても集中できない。

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけパラパラと立ち読みしてみようと思い、
第一巻を手に取った。







やられた・・・

おもしろすぎる。

そのまま一巻目を読み終えてしまった。

何がどうおもしろいのかと問われると、上手く説明できるかどうかわからないが、
一つは、現実と非現実がちょうど良い距離感で混じりあった世界観が挙げられる。

まず物語の舞台は、あくまで現実社会である。電車もあれば学校もある。(現実)

主人公はといえば、右腕が鋼鉄の義手であり弾丸を弾く事もできる。(非現実)

しかし主人公は決して万能ではなく、心の葛藤と戦いながら敵と対峙していく。

また敵自身も各々業を背負っており、そういったキャラクターへの丁寧な性格付けが
物語により深みを与えてくれているように思う。

「拳児」や「JESUS」が好きだった人なら、多くを語らなくとも
その魅力は伝わる事かと思う。

是非一度、手に取って読んで頂きたい一冊である。




闇のイージス 19 (19)
闇のイージス 19 (19)
posted with amazlet at 05.04.29
七月 鏡一 藤原 芳秀
小学館 (2005/03/04)
売り上げランキング: 13,543
通常24時間以内に発送

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュール?

とある雑誌にこんな質問が投稿されていました。




高橋陽一先生はサッカーのルールを知っているのでしょうか?」




私はかなりおもしろかったです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えるヒト→コマ

火曜日の深夜、すぽるとの後にやっていた「考えるヒト」が、
次回から「考えるヒトコマ」になるそうで。

メインの出演者は以前と変わらず、ダウンタウンと中田有紀さん。

新しいスタイルになったのを予告でちらっと観たのですが、お題に対して
答えを書くと言うスタイルは変わっていないようなので、一安心です。

しかし、どうやらゲストの数が減っているようで・・・アップダウンの竹森や
細山君が引き続き出演するのかどうかは、かなり気になるところではあります。

まあでも、これからも毎週ボケましょうのコーナーが観れるのは嬉しい限りです^^

みなさんも寝る前に一笑いしてから寝ると、ぐっすり眠れますよ~

是非、一度観てみてください^^

にしても、中田有紀さんは綺麗なぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)

大阪に出張中

現在、仕事の関係で大阪に出張しています。

古いノートパソコンから書き込みを行っているのですが、接続がAirH”のため、
とにかく重い;;

パソコンが古すぎるというのも原因の一端なのかもしれませんが・・・

何より辛いのは、仕事の合間にネットを見る事ができないと言う事。

仕事に集中できていいんですがね・・・その分、ブログのネタが無い^^;

見てくれている人、すまんこってす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治の話について

今まで私は3つ程サイトを運営していたのですが、それは主に政治に対して
物言うサイトでした。

少しでも今の日本が抱える問題を伝えていく事ができればと思い、作成していました。

幸いネットが普及して、多くの人が物事の真実を得ることができるようになり、
私なぞ足元にも及ばない、深い考察、知識を持ったサイトも多数表れました。

その状態をして、とても嬉しく思う反面、大した知識も無いのに政治に物申して
いいのだろうかという思いも出てきました。

それゆえ、このブログを始めるに当たって、政治とかの話は深い知識を
お持ちの方々に任してあまりしないようにしようと思っていたのですが・・・




無理でした(´・ω・`)




既に昨日書いてしまってますね^^;

まあ正直言って、日々ニュースを見ていると、とてもじゃないが黙って
いられなくなりました。

中国、韓国、北朝鮮、朝日新聞(実は朝鮮日報?)や社民党、公明党=創価、
民主党、チャイナスクールの官僚、ポチ保守、日教組・・・etc

問題山積みです。

これで黙っていては、選挙に行かない人間と同じなのではないかと。
渋谷とかにいる「竹島って何?」という若者と同じなのではないかと。
この情勢で姦国へヨン様ツアーに出かけるババア供と同じなのではないかと。

草の根活動かもしれないけれども、大した知識は無いけれども、この国の事を
真剣に考えている人間がここにもいると言う事を、売国奴供に知らしめるためにも
頑張って発信していこうと思っています。

暴言、乱文があるかもしれませんが、末永くお付き合い頂ければと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

偽善偽善偽善

初めてそれを見た時の事。

中華料理屋にいくと、ふと見るとピースボートのパンフレットが壁に貼ってあった。




ピースボート 「船で世界一周しませんか」




あら、何か楽しそう・・・




我々は、アジアはもちろん世界各地へのクルーズを企画しているNGOです。 
地球市民のネットワークを目標に活動しております。




・・・地球市民




後援人:筑紫哲也






(ノ∀`)アチャー




そんなピースボートが4月22日にとんでもない事をやってくれました。

緊急ピースマーチ アジアの抗議に応えよう!~「反日」デモは日本政府の責任~

もうね、一体この人達はどこの国の人なんでしょう・・・

そんなに日本が嫌なら、とっとと出て行けばいいのにねぇ。

この行為に憤慨した方が、ピースボートに直接電話でアタックしてくれてます。

ピースボートひいては筑紫哲也等の売国奴達の考え方が良くわかる
内容となっています。

かなり痛快な内容なので、是非一度訪れてみてください。

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/19704003.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

思わず笑ったニュース

米国の高校で、生徒の腹に槍が突き刺ささるという事件がありました。

これだけだと痛い事件なんですが、どうやら刺さった本人は、
全く意に介していないようで^^;

米国だけに薬でもやってたんかいなと少し思ったりもしましたが、
それより何より刺さった本人の発した言葉がおもしろくて、仕事中にも関わらず、
思わず吹き出してしまいました。

詳しい内容はこちらをどうぞ
(画像は気持ち悪そうなのでまだ見ていません・・・)

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1114139401/l50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもこころにたいようを

さてさて始まってしまいました、このブログサイト。

今までもサイトを作っては潰し作っては潰し・・・

結局めんどくさくなって更新終了みたいな感じになっておりました。

ブログなので更新はお手軽という事で、まずは毎日の更新を念頭に置いて頑張ってみようと思います。

支離滅裂な回もあるかもしれませんが、訪れた方、これも一つの出会いと思って、宜しくお願いします^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »