« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

鋼の錬金術師

久々に漫画の紹介をひとつ^^

純粋にストーリーを楽しめる、今一番お薦めの漫画です。

~あらすじ~公式サイトより

エドワードとその弟アルフォンスは、幼き日に亡くなった母親を思うあまり、
死んだ人間を蘇らせるという錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。

しかし錬成は失敗し、エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失う。

己の右腕と引き替えに、かろうじて弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功したが、
その代償はあまりにも大きすぎるものであった。

エドワードはアルフォンスと共に、失った全てを取り戻すため、
絶大な力をもつ「賢者の石」を探す旅に出る。

右手と左足を鋼の義肢「機械鎧(オートメイル)」に変えた彼を、
人は「鋼の錬金術師」と呼ぶ

鋼の錬金術師 (1)
鋼の錬金術師 (1)
posted with amazlet at 05.07.30
荒川 弘
スクウェア・エニックス (2002/01)
売り上げランキング: 118
おすすめ度の平均: 4.51
5 面白く、…だけど悲しくもある物語。
4 特徴
5 ぜひ 読んでみてください!

さすがにこの歳(29)にもなると、周りの友人達に「ハガレン知ってる?」と聞いても
「何それ?」とか「なんか名前だけは~」という反応がほとんどな訳で。

これじゃあイカンと言う事で、少なくともこのサイトを覗いてくれてる人には
少しでも伝わればいいなと思いまして、紹介してみた次第であります。

まあ連載雑誌がガンガンと言う事もあって、なかなか大人には触れる機会が
ないからかもしれませんが^^;

でも!でも!はっきり言って、ジャンプ、サンデー、マガジンで連載してる同系統の
ストーリー漫画では太刀打ちできないおもしろさをこの漫画は持っていると思います。

テニプリとか読んでる場合じゃねーぞ!!!

(と言っても、おもしろさは人それぞれなんで一概には言えませんが・・・)

ではその面白さとは一体何か?

以下に列挙してみました^^

①ストーリーが秀逸

  物語の冒頭で描かれる、凄惨な事件、そして悲しみ。
  全体を通して描かれるのは、生命に対する喜び、そして悲しみ。
  錬金術が「等価交換」であると規定する事により、人間の葛藤が描かれている。

②世界観が秀逸

  錬金術と言うファンタジーの王道を中心に据えて、中性ヨーロッパを
  モチーフとした世界観は、誰もが一度は憧れる世界では。

③絵が見やすい

  実はこれ結構漫画を読む上では重要だったりして^^;

とまあ、幾つか挙げてみましたが、少年漫画だからと言って読まないのは本当に
もったいないので、一度手にとってみて下さい。

必ずハマりますから^^

そして、誰か一緒にシャンバラへ逝って下さいorz

| | コメント (2) | トラックバック (1)

きましたよ、熱い本がwww

マンガ嫌韓流
マンガ嫌韓流
posted with amazlet at 05.07.24

晋遊舎 (2005/07/26)
売り上げランキング: 1

何も言う事はあるまい。

こういう本が出せる時流になったことをとても嬉しく思います。

ほとんどのマスコミはスルーするんだろうがなーーーーーwwwww

それでも初めの一歩を踏み出したという事において、作者の方を尊敬してやみません。

作者のHPも結構考えさせられる内容だったので、是非一度訪問してみてください。
(紹介の仕方が非礼かもしれません・・・申し訳ないです)

アフェリエイトを見て頂ければわかるように、アマゾンの売上ランキングで一位です。

またアマゾンだけでなく、楽天Bokks等の他のサイトでも一位をキープしています。

でもここだけは・・・(ノ∀`)アチャー

どうやらオンラインのリアルタイム性を無視してまで情報操作をしたいみたいですよ。

発売と今後の動向が楽しみです( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

双子誕生

久方ぶりの更新となってしまいました。

更新が滞ってしまったのは、決してサボっていたからではありませんよ!




多分・・・(ノ∀`)




ほんとは、7月11日に双子が産まれたり、私生活で思い悩む事があったり、
仕事がえらい忙しかったりで、なかなかブログを更新するタイミングが
無かったためです。

さて、産まれた双子はどちらも女の子で、もう産まれて一週間以上経つのですが
未だに名前を決めかねています。

二人とも似たような名前がいいのか、それとも関連性の無い名前でいいのか、
一人でさえなかなか決まらんのに、二人ともなるとほんとにもう・・・

「名は体をあらわす」となると、やっぱり考えていまいますよねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと悪事がバレたか

明治安田生命社長が辞任へ 新たな保険金未払い

まあこのニュースを取り上げると言う事は、私がこの会社を大っ嫌いだと
言っているようなものであり・・・うんぬんかんぬん

元々生命保険会社と言う詐欺みたいな企業は嫌いなんですが、
中でも明治安田生命だけは並々ならぬ憎悪を抱いておりまして^^;
(厳密にいえば安田生命か?)

というのは、以前勤めていた会社が安田生命の天下り先企業でして。

受注する仕事もそれはもう、安田生命絡みの案件が多かったのですよ。

そんな事は露知らず、新入社員として寮に入った私。

入寮して次の日、早速やつらがやってきました。

そう、安田生命の外交員。

若いねーちゃんと、ヤクザみたいないかついオッサンの二人組みで
私を取り囲みます。

はじめは若いねーちゃんが優しく語りかけてくれてたのですが、
なかなか話が進まないとわかると、俺に任せろとばかりにヤクザ登場。

ヤ「もう大人なんだから保険位入ってないとだめだよ~」

から始まり

ヤ「君の先輩達はみんな入ってるよ」

ヤ「どこどこの部長と知り合いなんだよね」

・・・と、段々会社の話を持ち出してきます。

それでも断りつづけると、ついに

ヤ「今ここで入っとかないと、今後の仕事に影響するよ」

と威しをかけてきました。




はい、キレターーーーーwww

私「そんな威圧的な態度取って入ると思ってるん?」

私「何様か知らんけど、もう二度と来ないで下さい」

と言ってその場を立ち去りました。

ヤ「今後、仕事が無くなってもしらんぞ」

と最後まで捨て台詞を吐きかけて頂きましたよ。




すいません、長々と恨み辛みを書いてしまいましたが^^;

今ごろあの外交員はどうしてるんだろうねぇ・・・
同じ威し文句で、私の同期と幾つか契約結んでたみたいだけども。

実際、リストラされてのたれ死んでて欲しいけどねwww

まあ、今回の事件を皮切りに、こういった詐欺まがいの企業を次々と
告発していってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

長島茂雄って好き?嫌い?いえいえ興味ありません

うわあああああああああああああああああ

気が付いたらついに更新間隔が一週間も空いてしまいました;;
たださえ訪問数が少ないのに、益々減ってしまうorz

そんな中でもリピーターの方々、いつも見にきてくださって、真に有難う御座います。
そして更新が遅れて、大変申し訳ないです。
言い訳としては、土日出張で忙しかったということで一つ・・・ごめんなさい

------------では本題--------------

昨日の事なんですが、長島茂雄終身名誉監督が巨人の試合を観戦しにきました。

脳梗塞で倒れて、一時はかなりヤバイ状況だったものの、奇跡的な回復を見せて
ついに巨人の試合を観戦できるまでに!

・・・と言うのはマスゴミ側(主に日テレ系)の話。

正直、私、全く興味ありませんでした。

「それは単にスポーツに興味ないからなんじゃないの~」

と言われそうですが、それなりにプロ野球は好きで、毎日すぽるとは欠かしません。
(阪神勝つと嬉しいし^^;)

じゃあなんでプロ野球界の一大イベントである「長島茂雄復活祭」に興味がないのか?

それは

巨人(読売)が無理やり神の如く祭り上げているから

に他なりません。

はっきり言って興醒め。

一体お前等は何日前から長島茂雄が試合観に来る事を宣伝しとるんだと。
それでも視聴率13.5%なんかと。
挙句の果てにスーパーテレビの枠を使ってまで長島茂雄特集なんかと。

正直ね、今の若い人(野球少年であるに関わらず)にとってのヒーローってのは
長島茂雄ではなく松井やイチローだと思うのですよ。

なんと言ってもリアルタイムで凄さがわかるしね。

また、色々記録も残しているため、その凄さというのは風化する事が無いとも
思うんですよね。

ところが長島茂雄ってのは、記録より記憶に残ると言われてる選手のため、
もはや彼の活躍をリアルタイムで観ていた団塊の世代位にしか訴求力が
無いような気がします。

まあ、だから読売もわざわざカリスマ性を演出するような事をやるんだろうけど・・・
でもそれって何か違うような気がするんですよねぇ。

昨日は長島茂雄が今まで以上に、ただの操り人形に見えたよ。

なんだか少しかわいそうに思えてきた、今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »