« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

活動は止まる事を知らず

このブログもだいぶ間が空いてしまいました。
会社と同じく夏休みだったと言う事で・・・^^;

で、問題の記事。

【社会】"辻元清美再生プロジェクトが発表" 辻元清美氏サイン会、脅迫受け中止に

タイトルから推測するに、「さすが大阪、サイン会を脅迫する人間がいるのか」と
思ってしまいますが、よくよく読むとそうじゃあないんですよ。

じゃあ何が問題かって・・・リンクをクリックしてみて下さい。




どこに飛びましたか?




そうですね、このブログを定期的にみて下さってる方にはお馴染みの場所ですwww

まあまたやってくれました、ってな感じで少し食傷気味ですが、こういった些細?
な事を伝えるのも、アカヒ不買運動の一貫と思いまして取り挙げた次第です。
(つーかアサヒネタだけでカテゴリ作れるんじゃないのか、まじで)

実はこの脅迫と言っているのは単に、50~60代の男性が

①不買運動をすると言った。
②当日、妨害演説をすると言った。

ただこれだけなんですよね。

そりゃあそうでしょうよ、辻元を応援するためのサイン会ですぜ。

社民党と言うだけでも国家反逆罪に問われそうな感じなのに
本物の犯罪者ですから、抗議運動が起きて当たり前な訳です。

それをこういった恣意的な報道をすると言うのは本当にあきれてしまいますね・・・

扶桑社の教科書に対する不買運動の時は全く取り上げない癖にね(´・ω・`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月15日と言う日

今日は世間一般で終戦記念日と言われている日でした。

戦後60周年という事もあり、特別番組等も色々組まれています。

昨日はミニ朝生みたいなのをやっとりました。

今日はNHKで討論番組をやっとります。

これまで多くの討論番組を観てきましたが、はっきり言ってもう討論の必要なぞない。

今回のNHKでの討論番組もしかり。

日教組、朝鮮人、中国人等の左翼陣営は嘘しか言わないじゃないかと。

未だに、従軍慰安婦や強制連行があったと言う朝鮮人。

未だに、南京大虐殺があったと言う中国人。

未だに、靖国にA級戦犯がいるから参拝しちゃならんと言う日教組。

百歩譲って朝鮮人や中国人が言うのはまだわかる。

しかし同じ日本人、しかも教師である人間が嘘を教えちゃいかんだろうが!

A級戦犯は国会の全会一致で名誉回復されており、戦犯なぞ存在しないじゃないか。

サンフランシスコ講和条約は有条件降伏じゃないか。

東京裁判は諸判決を受諾しただけじゃないか。

なぜ堂々と嘘を言えるのか?

日教組の連中は、朝鮮や中国のスパイか?

天皇陛下は靖国に参拝しないのではない、できないのである。

三木武夫が「私的参拝」とアホな事を言ったから、それに配慮しての事じゃないか。

民主主義を尊重しての事じゃないか。

大東亜戦争における戦犯は、民間人を大量虐殺したアメリカじゃないか。

全て歴史史料として第一級の証拠が存在するじゃないか。

靖国神社は国家神道を信仰していない人にとっては参拝しにくいから、
無宗教の追悼施設をつくれだと。

無宗教の追悼施設なんかこの世に存在する訳ないじゃないか。

魂と言う概念を持つ事それ自体が宗教感の始まりじゃないか。

献花するだけでもそれは宗教行為じゃないか。

今日、小泉が村山談話を持ち出したと聞いて絶望した。

激しく絶望した。

まあこうなるだろうなとは思っていたが、やはり絶望した。

これから先日本はどうなるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこに投票すればいい?

衆議院が解散して幾日か過ぎました。

そろそろ各党のスローガンも出揃って、盛り上がってきましたね!






( ゚д゚)、ペッ






書いててヘドがでるわ、ほんと。

=============================================
自民党
=============================================

郵政民営化造反組は党の公認を受けられないとか、造反組の候補地に
著名な議員を立候補させるとか、そういう事をやってる場合じゃないだろうと。

もっとやらなきゃならん事があるだろうと。

隣の国は日本にミサイル向けてるし、領土侵犯もしてると言うのに・・・

=============================================
民主党
=============================================

「日本をあきらめない」ってスローガンは、「主権委譲することをあきらめない」と
言ってる訳で。

いい加減、保守派の人間は離党したらどうか。

売国奴が党首じゃ投票できんよ。

=============================================
共産党
=============================================

福祉の充実とか中には良い事言ってるのもあるんだけども。

如何せん憲法9条に拘ってるようでは支持できませんな。

=============================================
社民党
=============================================

まだ存在してる事が不思議。

アホなフェミニズム団体に支えられてるんでしょうか。

こんな売国政党を野放しにしておくとは日本は本当に自由な国だ。

=============================================
公明党
=============================================

(ノ`Д´)ノ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

しかしこうしてみると、自民党以外投票できるとこありませんな・・・

民主主義による選挙って消去法で選ぶものなんでしょうか?

「維新政党 政風」頑張れよヽ(`Д´)ノウワァァァン 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌韓流読み終えました

ネットオークションで入手して2日・・・あっと言う間に読破してしまいました^^

たまたま出張が重なったので、移動中は表紙や中身が周りに見えるように
草の根アピールをしておりました。

近くに彼の国の方々がいたら火病ってやられるんじゃないかとびくつきながらwww

肝心の中身の方はと言うと、格サイトや2chでも評されているように、
日々ネットで情報収集されてる方にとっては当たり前の内容でした。

私にとっても知識の再吸収というか、おさらいみたいな感じでした^^;

ただ今までマスコミの垂れ流す情報にしか触れてなかった方々にとっては
衝撃的な内容なんではないでしょうか。

漫画という形態を取ったことにより、普段活字を読まない層にも遡及できるし、
何より分かりやすいですよね。

なんでも既に10万部を突破したとか。

さすがにほっておけなくなったのか、ちょろちょろとマスコミが取り上げ始めています。
(週刊新潮、週刊朝日(びっくり!)等)

これを機に歴史を見直す機運が高まって、反日マスコミの牙城が崩れる事を
切に願っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

民主主義は死んだのか

自民・亀井派の永岡衆院議員、首吊り自殺

郵政民営化法案反対派に所属していていながら、本会議において賛成側に
まわった永岡洋治衆院議員が自殺されました。

どうやら自民党執行部からの圧力、「次の選挙で支援しない」と言う政治家にとっては
その生命を絶たれてしまうような圧力があったそうです。

ただしこれは郵政民営化反対派からの意見。

反対派からは「裏切り者」と冷やかな目で見られていたのでしょう。

そして反対派はこの事件を利用して郵政民営化法案への反対を
よりアピールしようとしています。

「人が死んでんねんで!」

とJRの職員にどなった読売の記者は、ここでもう一度政治家に向かって
叫んでいただきたいものです。

永岡議員は2回選挙に落ちて、今回やっと補欠選挙で当選した苦労の人でした。

これから政治家としての使命を果たそうとしていた・・・かどうかはしりません。

利権をむさぼってやろうとしていたかもしれませんから。

マスコミは悲劇のヒーローに仕立て上げるんだろうけどね。

ただ、自分達の利益のために人をここまで追い込む「政治」と言うのは、
どうなんでしょう・・・民主主義と呼べるんでしょうか。

考え方を変えないと「殺すぞ」と恫喝

考え方を変えたら「裏切り者」と居場所を奪われる




ヤクザやん




議員の中には、「疲労がたまってたんでしょう、郵政とは関係ありませんよ」と
のたまう議員もいました。

んなわけね~だろ!、と。

その疲労は賛成派反対派両方からの圧力によって産まれたんだろうと。

なんかもう、ほんと居た堪れない。

他の政治家より少し一般人に近い位置にいたから、良心の呵責に苛まれて
自殺してしまったんだろうと私は思います。
(死んだ人だから良くみようとしているのかもしれませんが・・・)

一部の金持ちが利権を守るために自民党へ投票する。

中国韓国朝鮮からの利権を求めて社民党、共産党へ投票する。

カルト宗教を肥大化させるために公明党へ投票する。

戦前や戦中の方が民主主義だったんじゃないかとさえ思います。

永岡議員のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »