« 友人の結婚式(私信) | トップページ | MCP »

毎度毎度の事ですが

<首相靖国参拝>大阪高裁、初の違憲判断 職務行為と認定

最初この記事読んだ時、意味がわかりませんでしたよ。

原告側の請求が棄却されたのに、何で原告側が喜んでるんだろうと。

でもよくよく読むと・・・反日勢力がいつも使う手口な訳で。

裁判に勝つ事が目的なのではなくて、「靖国参拝を違憲と捉える」と裁判官に
言わせる事が目的なんですな。

なので今回の判決(主文)も、単に「請求を棄却する」に過ぎないのに、
その判決に至る過程の間に「靖国参拝は違憲ではあるが」という意見(傍論)を
引き出す事ができたので、原告側は喜んでいたわけです。

実はこのやり口はすごく性質が悪くて、請求自体は棄却されているために、
裁判の結果としては国の勝訴なんですよ。
そのため、例え傍論が国側の主張と違っていたとしても、原告側が上告しない限り、
判決が確定してしまうわけです。

まあ以前の福岡地裁の判決の時もそうでしたが、こういう判決がでると
売国マスコミはすぐに「違憲判決が下された!」と言うような報道の仕方をするため、
このトリック?に気付いてない人々はころっと騙されてしまうわけなんですねぇ。

判決として有効性があるのは主文のみであって、傍論と言うのはただの
裁判官の私的意見に過ぎないんですけどねぇ。

明日の朝日新聞の社説はやはり喜びに満ち満ちているのでしょうかwww

まあ私から言わせれば、首相が私的参拝とか言う事が違憲やろって感じですけどね。

ちなみに、

「靖国神社に首相が参拝する事が特定宗教に肩入れしている」

と言う理由は

「靖国神社のHPへのアクセスが増えたから」なんだと。




あほや、とてもあほや




小林よしのり氏の「靖国論」を教科書にして全国民に読ませなければならんね。
(小林よしのり氏に対しての考えはまた後日・・・^^;)

|

« 友人の結婚式(私信) | トップページ | MCP »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
このニュースを見て私も色々思いました。

主文と傍論については、まったく別と考える、傍論を意味の無いものとするのは少し違うと思います。

あくまでも請求権の棄却でありますが、これは違憲であるが請求権までは認められない。
と言う意味ですよね。

小泉の行動は違憲だが、台湾人の元軍人・軍属の遺族らに損害賠償を払わなくてもいいと言う結果であり。
小泉の参拝で原告らの権利や利益が侵害されたとは言えないので、お金を払わなくていいだけであり
事実上負けたのは小泉である。この判決は小泉の行動が正しいと言う結果ではない。
小泉の行動は間違っていると言う結果なのだから原告が喜ぶのもあたりまえであると思います。

>まあ私から言わせれば、首相が私的参拝とか言う事が違憲やろって感じですけどね。
この尚さんの発言は、小泉の参拝はOKと言う意見ですね。
私は小泉首相が公用車を使い、秘書などを連れて参拝するのは私的参拝とは到底言えないと思います。
選挙のとき参拝すると公約している点にも私的とは言えません。
本当に私的参拝ならなぜプライベートな時間に行かないのか?

私的でなく公的なら憲法の
「政教分離原則を定めた憲法に違反する」
となるわけです。

政教分離と言うと公明党はどうなのか?となってしまいますが・・・これはまた別なお話ですね。

投稿: 水玉 | 2005/10/04 10:02

水玉様

コメントへの返答が遅れまして真に申し訳御座いませんでした。
今回のコメントに対する返答は、かなり長くなりそうで、コメント欄よりも本文に
記述させて頂こうと考えております。
先に大まかな内容を言わせて頂くと、
「政治とは”政”(まつりごと)により”治”める」
と言う意味のため、明確な政教分離は行えないと言う事です。
長くなりそうですよね^^;
なるべく早くアップしますので、良かったら一読下さいませ^^

投稿: 尚 | 2005/10/12 00:55

アップされるのを楽しみに待っています。

投稿: 水玉 | 2005/10/14 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71074/6191492

この記事へのトラックバック一覧です: 毎度毎度の事ですが:

» 小泉首相の靖国参拝は違憲:大阪高裁判断/前原民主党代表:民主... [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. 小泉首相の靖国参拝は違憲:大阪高裁判断時事通信から: 小泉純一郎首相は30日午後の衆院予算委員会で、自らの靖国神社参拝を違憲と判断した大阪高裁判決について「総理大臣の職務として参拝しているわけではない。憲法違反であるとは思っていない」と反...... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 00:04

« 友人の結婚式(私信) | トップページ | MCP »