« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

誤認識はまずいですよ

女性・女系天皇容認/国民的論議で理解深めよう

なかなか良い記事だと思ったので拾ってきました。

記事の内容全てに賛同している訳ではないですが。

それにしても皇室典範の改正等を考える有識者会議の連中と言うのは
どうしてああも態度がでかいのでしょうか。

当該記事でも書いていますが、

「国民の代表という意識で議論している。改めて国民の意見を聞くことは考えていない」

などと言い放っているそうです。

おいおい・・・国民の代表の長である内閣総理大臣の私的諮問機関が
国民の代表だなんて勘違いしてもらっちゃ困りますよ。

少なくとも俺は奥田が国民の代表だなんて思ってないぞ。

とまあ私がこう言うのは、「女性・女系天皇容認」に流れが向いてる事を
危惧してるからなんですが。

この問題を語るにおいていかにももっともらしい意見が、

「過去にも女性天皇はいたじゃないか」

と言う意見。これは正しい何も間違ってないです。

私も女性天皇が存在する事になんら意義はありません。

しかしこれが何故か

「女性天皇OK」 ⇒ 「女系天皇OK」

と話が摩り替えられてしまっているのです。

どうやら女性天皇と女系天皇の違いがわかってないらしい・・・

特にマスゴミだとそれが顕著ですね。どういう意図かはわかりませんが。
(一説には伝統を壊して徐々に天皇の権威を亡くすためでは、ともいわれています)

では一体女系天皇とは何なのか?女性天皇とはどう違うのか?

それを語るには、まず現行の天皇継承制度を知らなければなりません。

現行の継承制度は、万世一系です。

これは男系または女系のみの皇位継承を言います。

例えば、直系に男子がおらず女子のみだった場合は(現在の愛子様のような場合)
傍系(宮家)の男子が皇位を継承します。

やむを得ず男子がいなかった場合は、愛子様が天皇となる可能性もでてきます。
(これが女性天皇)

しかし、その愛子様の子には皇位継承権はありません。
(これが男系による万世一系)

過去、推古天皇等が女性天皇として即位されてましたが、
これも一時しのぎのために過ぎません。

言い方は悪いですが、時間稼ぎしている間に男子を産むべく努力するのです。

そしてその男子から産まれた男子がまた皇位を継承してゆく。

これが神武天皇以来、二千年以上も続いた日本の歴史であり伝統です。

しかしこれが女系天皇制度に変わると、愛子様の子が皇位継承権を
有する事になります。

そしてその子から産まれた子が皇位を継承してゆく。

我が国ではその始祖が男子であり、そこから系譜が発生している以上、
途中で女系に変わると言う事は、王朝が変わると言う事に他なりません。

世界最古の王朝が滅びると言えば、女系天皇に賛成する人間も
少なくなるやもしれません。

実はこの内容、二日に渡って書いてきたのですが、この問題について
とても分かり易いページを発見してしまいました^^;

天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!

ぐうの音もでないようないい内容が記載されています。

よく見たら2chスレの抜粋やん・・・ほんと玉石混合の掲示板だなぁと
改めて感じた次第です。

是非一度皆様もこの問題について考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールリスクノーリターン

ディープインパクト号 三冠制覇達成!

平成17年10月23日、京都競馬場にて行われました菊花賞(GI)に優勝した
ディープインパクト号 (栗東・池江 泰郎きゅう舎)は11年ぶり史上6頭目
(無敗としては21年ぶり史上2頭目)の牡馬クラシック三冠制覇を達成しました。

まあ私競馬にはあまり興味がなく、ダビスタでの知識位しかないのですが・・・

何故今回このお題を取り上げたのかと言うと、

単勝の倍率がなんと1.0倍

だったんですよ。

これって、当たっても賭けた金額しか戻ってこないんですよ^^;

すごいですねぇ、オールリスクノーリターンですよ。

意味わからんwww

たまたまディープインパクトが勝ったからいいようなものの、
負けてたらどうなってたんでしょうねぇ・・・

いくら賭けてる人数によって倍率が変動すると言っても、
倍率の最低ラインは決めておかないと、ギャンブルがなりたちませんがな。

まあ競馬はテラ銭(胴元が搾取する手数料)を取りすぎですからなぁ・・・
(なんと25%!1000円賭けた時点で250円は取られてるのですよ)

いい商売ですよ、ほんと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ちょいとかけ足で~靖国参拝

まあ当然書くんだろうと、このブログを拝見して下さってる方なら思ってたかと。

秋の例大祭に小泉首相が参拝しましたねぇ。

マスコミや側近と呼ばれる議員達(山本一太とか?)にも言わず、
参拝したそうで。

これが「小泉流サプライズ参拝」なんでしょうか・・・あほくさ

参拝する事に関してはもちろん賛成なんですが、如何せんこそこそと
参拝するのは如何なものかと。

公式参拝だの私的参拝だの(私的参拝の反対は公的参拝ではといつも思うのですが)
をぐだぐだとマスゴミは騒ぎたてますがね、誰がどうみたって公的参拝やん。

公務時間中に参拝しとるがな。

公用車で参拝に訪れとるがな。

なんというか、我が国が戦車や戦闘機を保持してるのに軍隊は無いと言い張るのが
わかるような気がします。

もうはっきり公的参拝だと認めろと。

中途半端な参拝は逆に過去の英霊達に対して失礼だと思うんですよね。

特にこういった儀式に即したものは、結果が全てではなく
その過程も含めての儀式なのだから。

まあ公的参拝やら私的参拝やらが取り沙汰されるのはそもそも、
「政教分離に違反しているか否か」と言う事が出発点なんだけれども。

マスゴミは意図的に報道してるんだろうが、ニュース番組等を観てて思うのが、
政教分離についての解釈が明らかに間違ってるということ。

結論から言うと、

靖国への公的参拝は政教分離に違反していません

政教分離のそもそもの意味とは、

国家権力が特定の宗教、またはそれに準ずる団体を援助・助長、圧迫してはならない

ということなんです。

政治と宗教を切り離さなければならないとはどこにも書いていませんし、
またそんな事は不可能なのです。

政治とは「政(まつりごと)」によって「治」めるものである以上、
古くから連綿と続く文化・習俗・宗教的儀式を無視して行えるものではありません。

例えばアメリカにも政教分離原則がありますが、大統領就任式なんかには
堂々と聖書に誓いを立てますよね。

もちろんアメリカにはキリスト教を信仰している人達以外に、
仏教やイスラム教を信仰している人々が大勢います。

しかし、聖書に誓いを立てる行為に対して「憲法違反だ」なんて言いませんよね。

そりゃそうだ、アメリカと言う国家の規範はキリスト教なんだから。

アーリントン墓地で慰霊を行ったからといって誰も何も言いませんよね。

そりゃそうだ、特定の宗教の利益になる行為ではないんだから。

日本だって本来は古来からある国家神道に基づいて政治を行うべきなんですよ。

規範となるべきものが曖昧なまま政治を行おうとするが故に、政治基盤が
不安定になっているとさえ思ってしまいます。

「日本は天皇を中心とした神の国」

でいいんですよ、それを諸外国に押し付けなければ。

ほんと政教分離については、もっと理解を深める必要があるんじゃないでしょうか。

そうそう、政教分離の話になるといつも公明党はどうなんだと言う話になりますが、
私の考えは「公明党の存在自体は合憲」です。まあ限りなく黒に近い白ですが^^;

ただし、




国家権力握ったら違www憲www




どう考えても特定宗教を優遇しそうですよねぇ・・・


| | コメント (1) | トラックバック (4)

DS>>>超えられない壁>>>psp

↓↓↓↓↓↓↓↓↓信者ゆえ感情移入度3割増しです↓↓↓↓↓↓↓↓↓

携帯ゲーム機:DSに軍配、新機軸ゲームヒットで エンターブレイン

エンターブレインの浜村弘一社長は7日、任天堂の「ニンテンドーDS」と
ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の
携帯ゲーム機対決について、「任天堂の方が成功している」とDSに軍配を上げた。




キターーーーーーー(゜∀゜)ーーーーーーーーーーーー




プレステ、プレステ2で煮え湯を飲まされた任天堂でしたが、今回は違ったね。

だいたいPSPなんか劣化PS2やんけ。

映像がゲームの良し悪しを決めると思ってる馬鹿にはちょうど良いかもしれんがね。

記事を読むと、任天堂が目標に掲げている

「ゲーム人口の裾野を広げる」

が順調に達成されてるのが見てとれます。

ほんまプレステ、プレステ2が流行ったおかげで、映像ばかりに目が行って
中身のない下らないゲームが多くなってしまい、あげくの果てには
「ゲーム業界、成長に陰り」などと言われてしまう始末。

ソニーが全部悪いんじゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!







ハァハァ







ちょっと取り乱してしまいました^^;

まあ冷静に考えてみて今までのゲーム業界が(任天堂含め)、
積極的に客層を広げようとしてこなかったのは確かですね。

続編、続編の繰り返しで新しい試みに挑戦するという事を怠った。

それに気付いた任天堂は、DS以降の流れでゲーム人口の拡大を図った。

その結果が「NintenDogs」や「脳トレ」のヒットなんでしょうなぁ。

実際ゲーム好きからすると、これらのゲームは「ゲーム」と呼べるのかどうか
微妙ではありますが、一般人からすると立派にゲームな訳で。

PSPも慌てて似たようなゲーム出してますけどね。

ほんまPSPは何がやりたいのかさっぱりわからんわ。

今後Wi-Fiコネクション(何と全てタダでオンライン接続!)も始まる事だし、
ますます任天堂の戦略からは目が離せません・・・あ~株が欲しい^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MCP

久々に新しい資格を取得いたしました^^

今回私が取得した資格は、マイクロソフト認定プロフェッショナル(略してMCP)です。

今回この資格を取得した理由は幾つかあるのですが・・・

実は私、アプリケーション開発を生業としておりまして、今年で6年目と相成ります。

ここ最近は.NETによるWebアプリケーション開発に携わる事が多くなって
きたのですが、自分の作ったものも含めて、「出来が悪いなぁ・・・」と感じておりました。

ある時、これじゃいかんと思い直し、一から勉強し直そうと思い、
「.NET_Webアプリケーション開発大全」 全5冊を購入して読み始めました。

もうね、目から鱗が落ちそうな内容でしたよ。

「こんなことも知らずに開発しとったんか、俺は」って感じで。

今まで開発したシステムを作り直したい衝動に駆られましたよ。

システム開発の現場を全く知らない方と話をすると、

「プログラム組むなんてすごいな~」

と言われたりするのですが、実際はアプリケーションを動かすだけなら
大して難しい事なんてないんですよね。

但し、あくまで「動かす」だけならば。

ただそれをオブジェクト指向や.NETフレームワークと呼ばれるような
思想にのっとって作るとなると、ある程度知識が必要となってきます。

今まで人の作ったプログラムや設計書を幾つか見てきましたが、
実際きちんと理解して作られてるアプリケーションは無かったですね・・・

「お前が言うな!」って怒られそうですが^^;

まあそうして勉強を進めていく内に、

「得た知識を証明できる手段はないものか」

と思い、MCPに辿り着いた訳です。
(つーか前置き長い・・・)

で、何が言いたかったかというと、







おめでとうと言って欲しかった







いやいや、そういう事ではなくて^^;

マイクロソフト社製品を使いつつも、ただ何となく経験と勘を頼りに日々の業務を
こなしている方は多いと思います。

せっかくある程度知識があるのだったら、MCP試験に向けて勉強する事により、
知識の再確認にもなりますから、試験を受験してみては如何でしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »