« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

郷愁

最近ふと思い出すのは大学生時代の事。

特に、泉ヶ丘と言う場所のヤングタウン(通称ヤンタン)に
住んでいた時の事を思い出します。

何してたかって言えば、麻雀、カラオケ、ボーリングそしてゲームなんですけどね^^;

今になってみると、ほんと無駄な時間の使い方をしてたなぁと思ったりします。

でも一番楽しかった時間もその時なんですよねぇ。

まあ思い出すのは、決まって人間関係が嫌になったときなんですけれども。

大学時代に嫌な事が無かったかと言えば、そんな事は無いのだけれども、
結局、学生時代はある程度自分で付き合う相手を選択する事ができたから、
楽しい思い出ばかりが残っているんだろうなと思ったり。

仕事するようになると、例え嫌な相手でも付き合う必要があったりで、
精神的に辛い時があります。

ってまあ大部分の人はそういう世間とのせめぎあいの中で生きてきてるんでしょうけど。

昔の事を思い出して感傷に浸るというのは、ある種、現実逃避なのかもしれませんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育ては大変です

恐ろしく間が空いてしまいました、このブログ。
やっぱり一旦間を空けるとずるずると書かなくなってしまいますね・・・。
引越しやら仕事が忙しかったりやらと色々と書けない理由付けはできるのですが。

何より子供が三人いるってのが、でかい。
子育てに振り回されっぱなしで書く気おこらんですよ、ほんと。
パソコンいじってるとキーボードいじりにくるし。自分の時間なんかありゃしませんぜ。

まあそれが子育ての宿命なんでしょうけど。

昔は、「俺は子供が好きだ」なんて言ってましたが
(決して幼女趣味ではないので悪しからず)、嘘です、すいませんでした。

最近は「ガキん子うぜぇ」と思うことも多々あり。
ちょっと危ない事を言わせて頂くと、虐待してる奴の気持ちがわからなくもない。
ってか良く虐待してないなと自分でも思います。他の家庭は一体どうなんでしょうか?

大体は、外向きには、「子供がとってもかわいくて~」とか「早く子供に会いたい」等と
臆面もなく語る訳ですが、それって本当なんかね。

絶えずそう思えてる人がいたら、それは聖人君主なんじゃあないのか、大げさ?

そりゃあ絶対的な感情としては、「自分の子供はかわいい」と思えるけれども。

まあどこまでが「教育」でどこからが「虐待」なのかは
線引きが難しいところではありますが。

唯一確実に虐待だと言えるのは、理由無く(気に食わないから)体罰を
与えたりする時なんではないでしょうか。

ほんとそれだけはしないように、毎日気をつけている次第でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »