« 堀北真希 | トップページ | 逆境ナイン »

国家の品格

SAPIO誌上でも結構紹介されているので、読んでみました。
          ・
          ・
          ・
う~むわずか680円でこんな素晴らしい書物に出会えるとは。

まるで、藤原正彦氏の講演をその場で聴いているような感覚です。
(まあ講演で話した内容に、加筆・修正したものだから当たり前なんですが)

内容としては、世界的に論理を絶対視する傾向にある事への敬称から始まり、
現代は論理を突き詰める教育しか行われておらず、
結果、それが拝金主義を生み国家の品格を落としていると指摘します。
そして、国家の品格を取り戻す手段として、日本人が古来より持つ、
「情緒」や「武士道精神」を挙げ、それらを教育に取り込む事が急務であると
結論付けています。

こう書くと、とかく難しそうに感じてしまうかもしれませんが、ところどころ
ユーモアが散りばめられていたり(そりゃ暴言だろwと言いたくなるような)、
筆者自身の体験談も交えられており、大変読みやすく記述されています。

タイトルだけ見て敬遠するには余りに惜しい内容ですので、
まだ読んだ事の無い方は、是非一度読んでみて下さい。

ひょっとしたら発想の転換ができるようになるやも^^

追記)
しかしいつもながら物の評価というのは難しいもので・・・
特に今回のような随筆文だと尚更でした^^;
筆力不足をお許し下さいませ。

国家の品格
国家の品格
posted with amazlet on 06.04.08
藤原 正彦
新潮社 (2005/11)

|

« 堀北真希 | トップページ | 逆境ナイン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71074/9495775

この記事へのトラックバック一覧です: 国家の品格:

« 堀北真希 | トップページ | 逆境ナイン »