« ネット右翼と差別 | トップページ | 天使と悪魔 »

真に申し訳ない

プレスリーの物真似をサングラス姿でする小泉首相

日本の発展のために尽力し、亡くなっていった偉人達。
日本を守るために靖国で会おうと戦場へ向かった英霊達。

真に申し訳御座いませんでしたmm

今の日本はこんなバカげた総理大臣が支持率60%を超えるのです。

一体どこまでアメリカに尻尾を振れば気が済むんだろうか。

そりゃあ相手の国の英雄をここまで持ち上げれば、
さぞかしマスメディアも好意的に報道してくれるでしょうよ。

アメリカのアホ大統領もさぞ嬉しかろうて。

はっ、もしかして牛肉輸入再開問題や米軍基地移転費用問題がくすぶってるから、
少しでも日本のイメージを良くしようという外交戦略なのか!?

仮にそうだとしても、ご機嫌取りみたいな事をする必要ないよねぇ・・・。

現実問題として、日米安保は大事な軍事同盟だし、アメリカは日本にとって
最重要パートナーであるとは思いますが(悔しいかな)、今の状態は
対等な「パートナー」ではなく、「舎弟」に成り果てているような気がします。

周りの国々から見たら、日本はアメリカの属国みたいに
思われてるんでしょうねぇ、間違いなく;;

いつになったら国家としての主体性を持って、世界を相手に
一人立ちできる日がくるんでしょうか。

まだまだ月日が必要なようです・・・。

|

« ネット右翼と差別 | トップページ | 天使と悪魔 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71074/10752330

この記事へのトラックバック一覧です: 真に申し訳ない:

» 肥積プレスリー・パフォーマンスを安倍壷三が擁護。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 このエントリーのサブタイトルは(いくらレイム・ダックでも、小泉追及の手をゆるめ [続きを読む]

受信: 2006/07/04 16:10

« ネット右翼と差別 | トップページ | 天使と悪魔 »