« だからってマスゴミが正しいとは限らない | トップページ | 日本は無宗教ではない »

日本核武装論

ああ、やっぱりゴー宣呼んでて良かった。

12/27・1/4合併号に掲載されているゴー宣・暫において、核武装論が描かれて
いました。
もともと小林よしのり氏は、「日本も核武装を真剣に考えるべきなんじゃないか」と
発言していたのですが、ここまで明確にはっきりと宣言したのは、初めての事かと
思います。

かく言う私も核武装論者なのですが、如何せん言葉の力が弱く、発言と言っても
このブログ位・・・。
「何故もっと核武装について議論しないんだ」とやきもきしていたところに、このゴー宣。

自分が言いたかった事を、自分の尊敬する人物が、公の場で発言してくれている
という事に対して久々に打ち震えました。

特に「日本は安定した民主主義国家であり、法治国家であり、核兵器の管理能力も
十分ある。世界で唯一の被爆国だからこそ、3度目の被爆を避けるため、核を持つ
資格があるはずだ!」という部分は、最早これ以上ない宣言だと思われます。

実際、日本が核武装を選択するにはまだまだ時間がかかるでしょう。
北朝鮮から何発かミサイルでも撃ち込まれない限りは。
ただ、今の状況は、その「限り」がいつ起こってもおかしくない状況であるという事を、
国民は認識しておくべきでしょう。

だからこそ、今ここで、核武装についての議論を広範囲に渡って行っていく必要が
あると思います。

追記)

小林よしのり氏は、よく2ちゃんねるやネット右翼を批判します。
まあ私はその両方に当てはまるわけですが^^;
それでも今の自分にできる事をやるしかない訳で。

|

« だからってマスゴミが正しいとは限らない | トップページ | 日本は無宗教ではない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71074/13062359

この記事へのトラックバック一覧です: 日本核武装論:

« だからってマスゴミが正しいとは限らない | トップページ | 日本は無宗教ではない »