« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | クローズドノート »

ヱヴァンゲリオン新劇場版:序

公開初日に早速行って参りました。

正直、観るまでナメてました。

序盤は過去の焼き直しだろうと。
旧作の「DEATH&REBIRTH」みたいなんじゃないのと。

しかし・・・(以下ネタバレ有り)

も~~~~~う、めっちゃくちゃおもしろかったです!!!

ファンの多い作品なので、色々と賛否両論はあるのかもしれませんが、
とにかく一瞬たりとも目が離せないほど、のめり込んで観る事ができました。

「エ」を「ヱ」に変えただけの事はあると。
完全新作と言っても過言ではないでしょう。

なにより私が感じた旧作との大きな違いは、より「ロボットアニメ」に近づいた
という点です。

使徒に対する作戦や、第三新東京市、ネルフ本部の機能に対する描写が、
旧作よりもかなり細かくなっていました。

特にストーリー前半の山場である「ヤシマ作戦」の描写は圧巻の一言。
テレビとはスケールの大きさが違います。

また、心理描写を抑えた事により、話のテンポが上がったようにも思います。

映画ゆえに時間が限られてるというのもあるのかもしれませんが、
次々と使徒が現れる事により、中だるみするような部分はありませんでした。

かと言って、心理描写が薄くなった言う訳ではなく、旧作からの特に重要と
思われる心理描写のみを抜粋し、それをより分かり易くするための追加描写が
施されていました。

今回はヤシマ作戦までだったので、アスカは出てきませんでしたが、
何故かカオル君が最後に出てきて・・・ゼーレとの関係がはっきりと
描写されていた事により、旧作で謎だった部分が解決されるかもしれません。

エヴァンゲリオンと聞くと、オタクっぽいイメージを想像してしまいがちですが、
それは喰わず嫌いというもの。

迷っている方がいれば、是非、映画館で観ることをお薦めします^^

追記)
自分の中で、今まで観た映画の中で一番おもしろかった映画は「エヴァンゲリオン Air/まごころを君に」だったのですが、今回このシリーズで塗り替えられそうな気がします。同じロボットアニメでも、「ガンダム」よりおもしろいと思ってしまうのは、私がオタク力を発揮しているからでしょうか^^;
今回の序には、なんとも嬉しい事にミサトさんの予告編までついてて。本当にサービスサービスされてしまいましたwヱヴァンゲリオン4、5、6号機の存在から新キャラ?のカットまで、「ヱヴァンゲリオン新劇場版:破」が待ち遠しくてたまりません。リリスは?アダムは?ロンギヌスの槍は?アスカはまた精神崩壊するの?そして復活を遂げるの?予告を見る限り、まるで別物のストーリーへと発展していきそうで、本当にwktkが止まりません。

エヴァンゲリヲン新劇場版:序
 
おすすめ度の平均: 5.0
5 映画の感想
4 映画みて来ました
5 予告編を観る限りでは

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | クローズドノート »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71074/16313836

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリオン新劇場版:序:

» パリスヒルトン 過去の彼氏ハメ撮り動画 ふたたび流出!速報☆ [パリスヒルトン!過去のYouTube幻動画発見☆]
『パリス・ヒルトン』 ベットでシーツをもぎ取られて乳丸出しで、あそこも狙われて ★本物動画! [続きを読む]

受信: 2007/09/02 10:21

« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | クローズドノート »