クローズドノート

エリカ様で話題のクローズドノートを観てきました。

さすがエリカ様!

正直、舞台挨拶を観て沢尻エリカに対するイメージはかなりダウンしていたのですが、実際に映画を観てみると、「恋に落ちた清純な女子大生」として、本当に違和感がありませんでした。

行定勲監督が演技を絶賛したそうですが、映画を観て「なるほど」という感じです。

続きを読む "クローズドノート"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ヱヴァンゲリオン新劇場版:序

公開初日に早速行って参りました。

正直、観るまでナメてました。

序盤は過去の焼き直しだろうと。
旧作の「DEATH&REBIRTH」みたいなんじゃないのと。

しかし・・・(以下ネタバレ有り)

続きを読む "ヱヴァンゲリオン新劇場版:序"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大日本人

公開前からネット上では賛否両論。

カンヌでの微妙な空気や、インタビューでの松ちゃんの態度。

松本信者である私は、早速その真贋確かめるべく、観に行ってきました。

(以下ネタバレ-観た人用)

続きを読む "大日本人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆境ナイン

島本和彦原作「逆境ナイン」を観ました!

ま、堀北真希がマネージャー役で出てなかったら、
気にもしなかったとは思いますが・・・。

おおまかなあらすじは、「甲子園を目指す弱小野球部に降りかかる
災難の数々(逆境)を不屈の闘志で乗り越えてゆく」というもの。

島本和彦を知ってる人ならわかると思いますが、予想通り、
熱血おバカ映画に仕上がってましたw

ただし!そのおバカっぷりが突き抜けててかなりおもしろい!

物語冒頭から華麗に飛ばしまくります。
校長室に行くだけで風が吹いたり、大きな声を出すと雷が鳴ったり。
あの島本テイストが画面からひしひしと伝わってきましたw

主役の玉山鉄二なんて、男前の俳優にも関わらず、
まるでコントでもやってるかのように三枚目っぷりを炸裂させておりました。
こういったコメディタッチの映画は、中途半端に笑いを取ろうとすると、
観ている側が寒くなって、どうしようもなくなるのですが、
全力で演技しているため、こちらも安心して観ている事ができます。

個人的メインの堀北真希も、天然マネージャー役を恐ろしいまでの
かわいらしさでこなしており、ますますファンになってしまいました・・・。
(遊園地のシーン、キャプテンを覗き込むシーン、制服にエプロンのシーンは神)
この映画の堀北真希を観て「かわいい」と思わない奴は
いないんじゃないのかとさえ思ってしまいます。
しかし堀北真希まで爆発コントに参加してしまうとは・・・w

自分的には、後半の試合シーンで少しだれたのですが、
全体を通してみると、堀北真希が出演してる事を差し引いたとしても、
かなり楽しめる映画だったと思います^^

いや~まさか3回も観なおすとは思いませんでしたw
映像特典付きの全力版買おうかな・・・。

追記)
DVDで何が悲しいって、うちのテレビはまだワイド画面じゃないので、
映像が全部ちょっと縦長になってしまうのです;;
堀北真希も、もうちょとふっくらしてるはずやのに・・・。
テレビ新しくしたらもう一回観よう~。

逆境ナイン 全力版
逆境ナイン 全力版
posted with amazlet on 06.04.10
バップ (2006/01/25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七人の弔

ダンカン第一回監督作品「七人の弔」

今日から公開だったので、梅田まで行って観てきました。

結論から言うと、「おもしろかった」です^^

但し笑うとかそういう面白さではなく、色々と考えさせてくれる面白さでした。
まあ内容が内容だけに、「あはは」と笑って観るようなものでもないんですが^^;

簡単なあらすじはと言うと、

夏休みを利用して合同キャンプにやってきた七組の家族

但し合同キャンプと言うのはただの名目で、本当は、親たちが自分の子供の臓器を
売るために連れてきたのでした

とまあこんな感じで。

軽く書いてるけど、自分の子供を売りに出すなんて冷静に考えたらとんでもない
内容の映画ですぜ、これwww

まあ実際物語りも軽いノリで進んでいくんですが・・・

また、登場人物の家庭もひどいもので、七組の家庭それぞれが、
宗教やら女やら博打やら借金やらの問題を抱えており、
加えて児童虐待まで行っています。

軽いノリの合間合間で各家庭の抱えている問題が浮き彫りにされるのですが、
そのシーン間のギャップが結構大きいために、物語の内容ははっきりと
こちらに伝わってきます。

しかしそれでも重苦しく感じないのは「ダンカン」作品であるがゆえでしょうか。

物語のラストはまあ、「なるほどね」って感じに落ち着きます。

だからって拍子抜けという訳ではありません。

それなりに考えさせられるラストであります。

ただね、ラストで流れる歌には、つい「うるる」ときてしまいました。

シュールとはこの映画のラストみたいな事を言うんじゃないかと思ったりします。

私が浜村淳ならオチまで話すんですが^^;

ただ一つだけ残念だったのは、親を演じてる方々が抜群に良かったのに対して
(渡辺いっけい、高橋ひとみ、温水洋一、いしのようこ等)
子役の演技が・・・orz

もうちょい金かけようや、と思った次第で。
まあここらへんは次回作に期待と言う事で^^




随所に北野作品のような感じを受けたので、好き嫌いはわかれるかと思いますが、
(そもそも大衆娯楽作品じゃないと思われ)
北野作品が嫌いで無ければ、是非観て頂きたい作品だと思います。

(でも映画の宣伝文句はJARO級www)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

続・考えるひとコマ

2回目となるこのお題。

最近掲載雑誌数も増えて、益々おもしろくなってきています^^

松ちゃんやケンドーコバヤシがおもしろいのはもちろんの事、
アイドルの中川翔子(通称:しょこたん)も負けず劣らずおもろい回答を出してくれます。

実際、この娘は絵がかなり上手く、何やら雑誌で連載まで持ってる様子・・・

目がおっきくてロングのストレートヘアーとくれば、それだけでもかなり私のツボを
ついているのですが、それだけに止まらず、ゲームだのアニメだのが大好きだそうで。

また、しっかり2chの言葉と取り入れていて、ネットを通じて売れ始める
いい例なんじゃないかと思ったりしております^^

詳しくはこちら・・・とにかく更新頻度がすごい)

しかし世の中探せばいるもんなんですなぁ~あんなかわいい娘が・・・

まあ本人は美しいモノしか愛でそうにないですがwww

最近はブランチにも出始めたみたいなので、オタク力を発揮して周りを
引かせる事無く、今後も活躍して頂きたいものです。

・・・はっ、今日の内容はほとんど「しょこたん」やん。

やっぱりまだまだオ(ry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交渉人 真下正義

ついさっき見てきました^^

いや~やっぱりおもしろかった。

「踊る」シリーズを観た事が無い友人と観に行ったのですが、
その方も「おもしろい」と言っていました。

一緒に行った人が楽しんでくれると、嬉しいですね^^

今回は、青島刑事が主人公ではなく、サブキャラである「真下君」が主役です。

観る前までは、「今までの映画と同じレベルで楽しめるのかな~?」と
少し不安でしたが、そこはさすが「踊る大捜査線」シリーズ。

シリーズ特有のスピード感やそこかしこに散りばめられた小ネタも
今までと同じ位、いやそれ以上でした。

また出演者も主役の真下君はもとより、この映画内におけるサブキャラも
かなりいい味だしてます。

サブキャラのサブキャラから本編に登場するんじゃなかろうか。

内容はネタばれになってしまうので書けないのですが、
最後には「おお~」と思うような展開が待っています。

シリーズのファンにはたまらない演出だと思います。

ほんと、最後ですけど^^;

しかし毎回このシリーズを観て思う事は、

「俺も脇役でいいからその世界に入りたい!」

って事。

まあすぐに現実に引き戻されるのですが(´・ω・`)

次回作の「容疑者 室井慎次」も本当に楽しみです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むちゃくちゃやなー

最近の漫画喫茶では、映画が無料で観れたりします。

今日入った漫画喫茶にもそのサービスがあり、どんなタイトルがあるんやろうと思い
ページをめくっていくと、一つだけアニメ作品がありました。

「サウスパーク 無修正映画版」(アメリカ)

無修正と言う言葉に反応して、映画の説明を見てみると何やら
ブラックジョーク満載な感じ・・・

さっそく視聴してみました。




・・・(絶句)




こりゃーテレビで放送できんわ

それが第一印象でした。

もう放送禁止用語連発、それも下ネタ系の。

加えて、人種差別あり、貧乏人やデブを馬鹿にした表現ありやらで、
取りあえず子供の教育上よろしくない事は間違いありません。

R-15指定なのもうなずけます。

但し、上で書いたようなブラックジョークが好きな人なら、かなり楽しめると思います。

速攻でファンになってしまいました。

初対面の人には言えないけどね・・・

なんかWOWWOWで日本語吹き替え版を放送してるみたいなので、
WOWOWに加入している方は、一度視聴してみてはいかがでしょうか。

ピー音だらけらしいですが^^;




サウスパーク 無修正映画版

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-05-20
売り上げランキング : 3,382

Amazonで詳しく見る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えるヒト→コマ

火曜日の深夜、すぽるとの後にやっていた「考えるヒト」が、
次回から「考えるヒトコマ」になるそうで。

メインの出演者は以前と変わらず、ダウンタウンと中田有紀さん。

新しいスタイルになったのを予告でちらっと観たのですが、お題に対して
答えを書くと言うスタイルは変わっていないようなので、一安心です。

しかし、どうやらゲストの数が減っているようで・・・アップダウンの竹森や
細山君が引き続き出演するのかどうかは、かなり気になるところではあります。

まあでも、これからも毎週ボケましょうのコーナーが観れるのは嬉しい限りです^^

みなさんも寝る前に一笑いしてから寝ると、ぐっすり眠れますよ~

是非、一度観てみてください^^

にしても、中田有紀さんは綺麗なぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)